静岡県富士宮市・富士市・沼津市・裾野市・御殿場市・静岡市等(東部・中部地区)の建設業許可取得代行なら、行政書士やざき事務所にご相談ください。

欠格要件とは

欠格要件とは

欠格要件とは

建設業許可の要件5として「欠格要件に該当しないこと」が必要です。

ここで、欠格要件に該当しないこととは、建設業許可を受けようとする者が下記の1から12までのいずれにも該当しないことをいいます。


内容
成年後見人もしくは被保佐人または破産者で復権を得ないもの
不正の手段等により建設業許可を取り消され、5年を経過しない者
建設業許可の取消処分の聴聞通知があった日から決定があった日までの間に、廃業届出をした者で、5年を経過しない者
上記3に該当し、聴聞通知の前60日以内に使用人であった者で、5年を経過しない者
営業の停止を命ぜられ、停止期間が経過しない者
建設業許可を取り消され、または営業の停止を命ぜられた場合で、その役員または使用人が新たに営業を開始することを禁止され、禁止期間が経過しない者
禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、または刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
建設業法または一定の法令の規定に違反して、罰金の刑に処せられた場合で、刑の執行を終わり、または刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者で、その法定代理人が上記各号または次号のいずれかに該当する者
10法人で役員または使用人のうちに、上記1、2、3、4または6、7、8のいずれかに該当する者のあるもの
11個人で使用人のうちに、上記1、2、3、4または6、7、8のいずれかに該当する者
12許可申請書中に重要な事項について虚偽の記載をしたり、重要な事実の記載を欠いたとき

※上記内容は、根拠条文を簡略化して記載していますので、ご注意ください。



クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional