静岡県富士宮市・富士市・沼津市・裾野市・御殿場市・静岡市等(東部・中部地区)の建設業許可取得代行なら、行政書士やざき事務所にご相談ください。

財産的基礎金銭的信用とは

財産的基礎金銭的信用とは

財産的基礎・金銭的信用とは

建設業許可の要件6として「請負契約を履行するに足る財産的基礎または金銭的信用を有すること」が必要です。

財産的基礎・金銭的信用の要件は、一般建設業許可と特定建設業許可その基準がで異なります。


一般建設業許可の場合

一般建設業許可の場合、申請時点において、次のいずれかに該当する者は、倒産することが明白である場合を除き、財産的基礎・金銭的信用を有しているものとして扱われます。

内容
直前の決算期において、自己資本の額が500万円以上であること。
金融機関の融資証明書または預金残高証明書で、500万円以上の資金調達能力を証明できること。
許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績を有すること。※

※この要件は、新規申請の場合にはあてはまりません。


特定建設業許可の場合

特定建設業許可の場合、原則として、許可申請時の直前の決算期における財務諸表において、次のすべてに該当する者は、倒産することが明白である場合を除き、財産的基礎・金銭的信用を有しているものとして扱われます。

内容
欠損の額が資本金の額の20%を超えていないこと。
流動比率が75%以上であること。
資本金の額が2千万円以上であること。
自己資本の額が4千万円以上であること。




クリックすると、メールフォームへ移動します。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional